ソリューション│solution

残留農薬

分析法

 アイスティサイエンスでは残留農薬一斉分析法『STQ法』を提案しています。QuEChERS法による抽出に固相抽出法による精製を組み合わせることで迅速で簡便な分析が可能です。
 また、一斉分析では難しいグリホサート・グルホシネート、ジチオカルバメートといった特徴的な農薬の個別分析法も提案しています。
 詳細については各分析法のリンクよりご確認ください。

一斉分析法『STQ法』
GC-B法 ‐作物別回収率一覧
LC法 ‐作物別回収率一覧
STQ法アレンジ(サンプル別)
生鮮野菜/加工食品
┃ ┗大豆
┣畜水産物
┃ ┗GC/LC
オリーブオイル(油脂類)

関連商品

 全自動固相抽出装置『ST-L400』を使用することで、それぞれのサンプルに適した前処理を自動で処理することができます。『STQ法前処理キット』を使用しての手動作業も可能です。
 大量注入口装置『LVI-S250』と組み合わせることでGC-MS/MSの感度を向上させ、より低濃度の定量が可能となります。
 そのほかにも、サンプリング誤差を軽減するためにより細かい均一化の可能な『凍結粉砕機』や、試薬秤量の手間を軽減する『計量スプーン』など分析の効率化に役立つ製品も紹介しています。

アプリケーションノート

発表資料



このページの先頭に戻る