製品情報product

水質分析用SPE-GC SPL-P100

製品画像

働き方改革に貢献!
水質分析は完全自動化の時代へ

従来、固相抽出は手操作またはオフラインの装置で前処理を行い、溶出液を濃縮後に測定機器で分析をしていました。当該システムは、この工程(固相抽出から測定まで)の完全自動分析を実現しました。
測定時間=前処理時間となり、夜間に分析することで時間の有効活用にも貢献します。
パンフレットはこちら 技術問合

□自動工程:固相コンディショニング→サンプルを固相へロード(目的成分保持)→固相洗浄→固相乾燥→溶出→溶出液をGCに直接注入→GC-MS測定
□サンプル(抽出液など)をサンプルトレーにセットしGC-MSシーケンスをスタートするだけ
□数mgの微量充填カートリッジで溶媒の削減に貢献
□自動化よる高い再現性
□応用分野:農薬、カビ臭、フェノール類、流出油、飲料成分モニタリングなど
□導入実績:地方衛生研究所、浄水場、水道事業体、受託検査機関など

処理時間を劇的に短縮、自動化

従来の試験法で120分かかっていた固相抽出工程を、
スケールダウンすることで10分に短縮します。
操作は試料をバイアルに入れてSGI-P100にセットするだけです。
前処理~GC/MS分析までを完全に自動化可能です。

Flash-SPEによる濃縮工程

オンラインSPE-GCシステムのために開発された
固相カートリッジ「Flash-SPE」に試料を濃縮することで、
大量注入口装置LVI-S250と組み合わせて試料の全量注入が可能となります。

効率的な連続、自動分析

□各種ノズルにより多段階通液が可能に
各工程(コンディショニング、試料吸引負荷、洗浄、窒素通気、溶出)専用のノズルを用いることで、スムーズな多段階通液処理を行います。

□溶出と同時にGCへ注入
Flash-SPEとニードルを連結後、注入口へ挿入し溶出。スパイラルインサートを搭載したGC用大量注入口装置LVI-S250が数十µLという溶出液の全量注入を実現。

直感的な使いやすいソフトウェア

□メニューバー:メソッド・シーケンス作成や環境設定
□モニター:動作状況をリアルタイムで表示
□スケジュール:ワンクリックでメソッドを直接登録

水中農薬分析動作
メタボローム分析

このページの先頭に戻る