分析方法assay

グリホサート・グルホシネート

製品画像

自動前処理装置による
グリホサート・グルホシネートの分析

グリホサートおよびグルホシネートの分析方法です。

・ 水-アセトニトリルで抽出、除タンパク後に固相カートリッジで精製。
・ 誘導体化が不要。
・ 固相カートリッジによる効率的な精製。
・ 使用溶媒量が少なく、省コスト化。
・ 全自動固抽出装置ST-L400による自動化が可能。

参考文献:第42回農薬残留分析研究会
グリホサートおよびグルホシネートの分析の自動化の検討-第2報-

アプリケーションノート

アプリケーションノート(ほうれん草、他)
PDF
アプリケーションノート(食パン)
PDF
グリホサート分析におけるでんぷんの影響について
PDF
グリホサート分析_中間報告集_191215-200204
PDF

学会発表資料

第42回農薬残留分析研究会 ポスター資料
PDF
第42回農薬残留分析研究会 講演要旨
PDF
第36回農薬残留分析研究会 ポスター資料
PDF
第36回農薬残留分析研究会 講演要旨
PDF
グリホサート・グルホシネート試験法(ST-L400自動精製)

全自動固相抽出装置(ST-L400)

固相抽出操作を完全自動化。
サンプルと試験管を装置にセットするだけで、あとは自動で固相抽出が行われます。
今まで分析者が前処理に掛かっていた時間を、その他の作業に回すことができます。
                              詳細はこちら  

固相ミニカートリッジ(Smart-SPE)

従来の問題点を飛躍的に改善。固相カートリッジの進化系。
連結時の安定性や操作性に優れ、無駄のない分析が可能です。
従来の固相カートリッジにない長所を兼ね備え、短所を克服した全く新しい固相カートリッジです。
                              詳細はこちら  

STQ法前処理キット

残留農薬分析の前処理をより効率的にする製品をキット化。
試験管ラック、押し出しポンプ、ディスポーサブルリザーバー、
吸引マニホールドなど便利な製品をご紹介いたします。
また、STQ法についても簡単に説明しております。
                              詳細はこちら  

このページの先頭に戻る