分析方法assay

水中クロロフェノール類の自動分析

製品画像

オンラインSPE-GCシステムを使用したクロロフェノール類の分析法

オンラインSPE-GC/MSシステムを使用し、固相抽出-誘導体化-GC注入までを自動化した分析法です。
誘導体化試薬を添加した溶媒で溶出・注入を行い、胃袋型インサート内で誘導体化反応を行います。従来法と比較して前処理時間の大幅な短縮が可能です。

オンラインSPE-GCシステム(SGI-P100)

従来、固相抽出は手操作またはオフラインの装置で前処理を行い、溶出液を濃縮後に測定機器で分析をしていました。
当該システムは、この工程(固相抽出から測定まで)の完全自動分析を実現しました。
測定時間=前処理時間となり、夜間に分析することで時間の有効活用にも貢献します。
                              詳細はこちら

GC用大量注入口装置(LVI-S250)

大量注入口装置により感度不足に悩まされる必要がなくなります。
大量注入口することで、濃縮の手間を省いて短時間・省力化。
更に、大量注入することで再現性の向上も期待できます。
                              詳細はこちら

このページの先頭に戻る