製品情報product

残留農薬一斉分析用STQ法前処理キット

製品画像

残留農薬分析で課題だった「操作性」と「高精製」の両立!
公的機関も多数導入の信頼性の高いSTQ法のキット

当社のテーマは、早い・安い・簡単だけではなく「高精製と自動化」そして「安定分析の持続」です。
数百成分にもおよぶ残留農薬を一斉に分析するには、精製度の高さと、より多くの成分数を求めることは矛盾します。つまり、抽出、精製、測定のバランスを考慮する必要があります。
 STQ法はこのバランスを追及しており、簡単な操作とはいえ、精製を重視することで測定装置の汚染を防ぎ分析全体を設計されています。
 ISO17025認定実績や、AOAC論文掲載や学会発表も多数あり公的機関をはじめ長年おおくのユーザー様に運用頂いており、ご安心してご導入いただけます。

パンフレットはこちら

□抽出はQuEChERSを参考
□精製は微量充填固相カラムで精製効果抜群(加工食品にも対応!)
□微量充填のSmart-SPEで省溶媒
□試験管ラックで簡単な操作性
□エバポレーター不使用
□各種個別法にも応用可能(グリホサート、ジチオカルバメート系、アフラトキシン、動物薬、マラカイトグリーンなど)
□ユーザー様ラボにお伺いしての無料実演もご提案
□ユーザー様が一堂に会する「STQ法を考える会」へのお誘いと情報交換
□導入実績:農水省、地方衛生研究所、保健所、登録検査機関、受託検査機関、食品メーカー、酒造メーカー、農業団体、生協、大学など

各分析法に合わせたラインナップ

○ STQ-GC(A)法、STQ-GC(B)法、STQ-LC法、STQ-GC&LC法の4種類をご準備
○ STQ法の前処理ビデオで各器具の使い方を分かりやすく説明
○ 各器具は技術者が実際に使用して、技術者目線で使いやすい器具を選定。

技術者の知恵の結集 試験管ラック

○ ラック形式になっているため、試験管の取扱や固相抽出操作が迅速に行える。
○ 前処理操作時に横一列を一度に持ち上げて、移動できるため効率的。
○ 固相の能力を最大に生かす、加圧式がしやすい構造。
○ 10検体の同時処理が可能。

空圧による加圧式 押し出しポンプ

○ 固相の能力を最大に生かす加圧式が容易にできる。
○ 通液速度のコントロールが押し加減で個別に調整できる。
○ 通液量や固相の連結数に合わせた、2種類の容量をご準備
○ 空圧による押し出しのため、試料に触れず洗浄が不要

コンタミネーションの不安を解消 ディスポーザブルリザーバー

○ コンタミネーションの不安を解消
○ これまでの洗浄作業が不要
○ 使い捨てを前提とした価格設定
○ リザーバー先端部分に残液しにくい構造
○ 転がりを防止する構造。
○ 充填量の違いによる使い分けが不要。

吸引マニホールドセット

○2列で両側が使いやすい。
○手元スイッチでON/OFFの切り替えが容易。
○専用の廃液受けがあり、ガラス本体を持ち上げずに溶液の廃棄が可能。
○少量検体お客様向けのお求めやすい10ポート用もご準備。

STQ法とは

○ STQ法:Solid Phase Extraction Technique with QuEChERS
○ STQ法とは弊社が提案する濃縮操作が一切不要の残留農薬迅速一斉分析法
○ 抽出操作に「QuEChERS法」、精製操作に「固相カートリッジ法」を取り入れ、精製効果をが向上。
○ エバポレーターを使用しないため、前処理が10-20分と簡易・迅速。

QuEChERS法の抽出工程

○ 塩析と脱水(液液分配)を抽出時に同時に実施
○ クエン酸塩により酸性・中性・塩基性農薬を同時にアセトニトリル層へ移行。
○ 使い捨て容器の使用により、ガラス器具・分液ロートが不要

STQ-GC(B)法

○ 精製効果が高く、加工食品にも対応
○ 精製カラムの追加や、溶媒の変更が可能
○ 液々分配や濃縮操作なし!
○ 分析時間は約20分!
○ アセフェートなどの高極性農薬は分析不可
(※ 高極性農薬はSTQ-LC法で分析)

STQ-LC法

○ 酸性農薬(通知法2法対象農薬)も同時分析が可能
○ 液々分配や濃縮操作なし!
○ アセフェートなどの高極性農薬も分析可能
○ 分析時間は約10分!
○ LC/MS/MSでそのまま分析可能

残留農薬分析

STQ法概要
詳しくはこちら
STQ-GC-A法
詳しくはこちら
STQ-GC-B法
詳しくはこちら
STQ-LC法
詳しくはこちら
STQ法手動マニュアル 抽出(191212)
STQ法手動マニュアル 精製GC-B法(191212)
STQ法手動マニュアル 精製LC法(191212)
STQ-GC-A法

よくあるご質問(残留農薬一斉分析法STQ法)

皆さまからよく頂くご質問をQ&A形式でまとめました。
この中に載っていないご質問も随時お受けしております。
WEBからのご質問はお問い合わせページからお願い致します。

  • 導入前のご質問
  • トラブルシューティング

導入前のご質問

  分析フロー等につきましては、分析法詳細ページ、またはSTQ法ガイドブックよりご確認ください。

STQ法とはなんですか?どのような意味がありますか?

食品中に残留した農薬(残留農薬)を測定するための分析手法です。

抽出操作に『QuEChERS法』、精製操作に『固相抽出法』を採用した分析法で、
Solidphase extraction Technique with QuEChERS method を縮めて『STQ法』と呼んでいます。

現在ではそれを応用した個別分析や農薬以外の分析法も広い意味でSTQ法と言っています。

農薬一斉分析以外に何ができますか?

個別分析:グリホサート、ジチオカルバメート、ネオニコチノイド、動物薬一斉分析、マラカイトグリーン、アフラトキシンなど分析需要の高い成分に対応しています。

どんな特徴がありますか?

・国内約 100 か所の導入実績(一部工程の採用も含む)

・提案開始より約10 年の実績による安定運用

・STQ 法ユーザーの内、半数が前処理装置をご導入され自動化を実現。

・主な導入先:農水省、地方衛生研究所、保健所、登録検査機関、受託検査機関、
 食品飲料メーカー、農業団体、生協、食品輸入商社、大学など

・当社およびユーザー様による学会発表や論文投稿多数

・ISO17025 認定も複数あり。認定書試験法欄にに「 STQ 」の文言記載実績も。

・某技能試験で最も多い参加率の手法(次いで厚労省通知一斉試験法)

・AOAC に論文掲載

・個別法への応用も提案

STQ法にはどのような器具・設備が必要ですか?

電子天秤、粉砕機、シャフトジェネレーター、遠心分離機、マニホールドといった器具・設備のほかに、試薬計量スプーンやSTQ法前処理用試験管ラックなどがあるとより効率的に分析することが可能です。

濃縮操作を行わないためロータリーエバポレーターは不要です。

どんなサンプルに対応していますか?分析データはありますか?

青果物や加工食品の添加回収試験結果をアプリケーションノートとして公開しています。

公開されていない試料については、ご要望があればお問い合わせフォームよりご連絡ください。 次回以降の参考とさせていただきます。

ISO17025の取得は可能ですか?

弊社ユーザー様がSTQ法でISO17025を取得した実績があります。

※手動分析/自動分析のどちらでも実績有

トラブルシューティング

  下記以外のトラブルについては、お問い合わせページからお問い合わせください。

分析値のばらつきが大きい。

複数の成分でばらつきが大きい場合は、①→②→③の順序で確認します。

①GC、LCへの注入再現性を見る。同じサンプル(バイアル)を繰り返し注入したときにばらつきがあるか。
②標準添加の際の操作を確認する。マイクロピペット、シリンジから漏れていないか。
③前処理操作にミスはないか。分取量は適切か。試験管からこぼれていないか。

添加回収試験結果が悪くなった。

多段階添加回収試験(※)を行うことで回収率低下の要因を推測することができます。
※①『抽出前』、②『抽出後』、③『精製後』に標準液を添加して回収率の差による評価を行う手法

詳細は『STQ法ガイドブック2021』P.76~をご参照ください。

サンプルから基準値以上の農薬が検出された。

本当にその農薬で間違いがないのか確認する必要があります。

①標準液と分析試料で保持時間(リテンションタイム:RT)にずれはないか。
②ライブラリと分析結果が一致するか。
 MRM測定の場合は定量イオン、確認イオンの比率が一致するか。
③再試験を行って分析結果が一致するか。もしくは異なる分析法での分析結果と一致するか。

このページの先頭に戻る