新着情報info

STQ法の回収率一覧を掲載しました会社からのお知らせ技術資料・アプリケーション

【 STQ法の回収率一覧を掲載しました 】
これまで食品ごとにアプリケーションノートを掲載してきましたが、一部の食品(生鮮から加工食品まで)を集めて一覧として掲載いたしました。
STQ法ご導入や運用のご参考となれば幸いでございます。

サンプル別回収率一覧はこちらからご覧いただけます
ページ中「STQ法 サンプル別回収率一覧(エクセル)」をご参照ください。
※試料の状態や測定機器などの条件によって値は異なる場合があります。あくまで参考としていただければ幸いです。

最近、残留農薬分析立ち上げのご相談をいただく機会が増えています。
当社はこれまでの経験をもとに、新規立ち上げや試験法の切り替えをお手伝いいたします。
生鮮食品から加工食品、嗜好品まで対応しております。
ご興味をお持ちの際は、お気軽にご相談ください。

 

  関 連 製 品 情 報 

【 STQ法ガイドブック2021 】
 ※農薬一斉、個別、動物薬、カビ毒、測定など掲載

【 全自動固相抽出装置 ST-L400 】
(残農一斉・個別、動物薬、カビ毒等、各固相抽出対応)

☆技術資料はこちら☆

そのほかの製品については、弊社Webサイトをご参照ください。

ご興味のある内容がございましたらご遠慮なくお知らせください。



このページの先頭に戻る