新着情報info

アプリケーションノート更新しました!(2020.4.3追記)会社からのお知らせ

最新アプリケーションノートのご紹介です。
弊社ではSTQ法のほかにも省力・自動化について取り組みに力をいれております。
下記の資料が皆様の分析の一助となれば幸いです。


🍃 グリホサート・グルホシネート 🌾
ほうれん草、大豆、小麦粉を用い、抽出工程での徐タンパクが鍵となります。また、小麦粉については当初低回収率となりましたが、抽出にアルカリを添加することで向上しました。


(2020.4.3追記)食パンのアプリケーションノートを掲載しました。
🍞 グリホサート・グルホシネート(食パン) 🍞


🍊 柑橘類中のジチアノン 🍋
キノン系殺菌剤であり、柑橘類をはじめ、果実類の病害防除に使用されています。ジチアノンの試験法(農産物)は試料に塩酸を加えて均一化する必要があるため個別試験法となっていますが、STQ法の応用と自動化を試みました。


🍖 動物用医薬品一斉分析 🥛
対象試料を拡大し、今回は富士フィルム和光純薬社混合標準液を用いました。


🥜 アフラトキシン 🥜
対象試料をピーナッツとしました。


🥼 各種カタログ・お試しキット 🧪
当社にて取り扱い中の装置や前処理お試しキットのカタログ一覧はこちら。


当HPではお問い合わせフォームを設置しております。
ご興味のある内容がございましたら、お電話・メール等どうぞご遠慮なくお知らせください。


※※※プレゼントが当たる『分析お困りごとアンケート』は3月31日締め切りです。詳細はこちら
アンケートの受け付けは終了しました。ご協力ありがとうございました。


このページの先頭に戻る