お客様の声voice

受託分析機関(ダイオキシン)

ダイオキシン分析は、数十リットルにおよぶ検水量、数万倍におよぶ濃縮倍率となり大変な作業。少しでも負担を減らすいい方法はないだろうか。

当社からのご提案

GC用大量注入装置(LVI-S200)をお勧めいたします。
最大で200μLまで注入可能です。
大量に注入できるということは、その倍数だけ前処理での濃縮倍数が軽減できます。
また、検水量も数十分の一に減量できます。
※JIS(日本工業規格)に大量注入およびPTVについて記載がございます。

導入効果
検水量を減らし、採水・運搬の負担を軽減できた。
また、濃縮倍率も減らし省力化できた。

・ GC用大量注入装置(LVI-S200)


このページの先頭に戻る