分析方法assay

残留農薬一斉分析STQ-GC-A法(マニュアル操作)

製品画像

前処理キットによる残留農薬一斉分析法(GC-MS/MS対象成分)

 本手法はGC-MS(/MS)による食品中の残留農薬一斉分析を目的としています。抽出操作に「QuEChERS法」、精製操作に「固相カートリッジ法」を取り入れた迅速で精製効果の高い手法です。

・ 低極性~高極性の農薬が対象。
・ エバポレーターによる減圧濃縮が不要。
・ 固相カートリッジによる効率的な精製。
・ 使用溶媒量が少なく、省コスト化。
・ 通知法のミニチュア化。

STQ-ExtractSTQ-GCA-flow

アプリケーションノート

リンゴ
PDF
バナナ
PDF
キャベツ
PDF
枝豆
PDF
ミニトマト
PDF
梨(日本梨)
PDF
STQ法前処理フローシート
PDF

カタログ・パンフレット

STQ法ガイドブック
PDF
GC用大量注入口装置 LVI-S250
PDF
固相ミニカートリッジ Smart-SPE
PDF
GC-MS定量解析ソフト COSMO
PDF
全自動固相抽出装置 ST-L400
PDF
試薬計量スプーン
PDF

資料集

STQ法野帳
PDF
STQ法 抽出操作
STQ-GC-A法前処理

STQ法前処理キット

残留農薬分析の前処理をより効率的にする製品をキット化。
試験管ラック、押し出しポンプ、ディスポーサブルリザーバー、
吸引マニホールドなど便利な製品をご紹介いたします。
また、STQ法についても簡単に説明しております。
                              詳細はこちら  

GC用大量注入装置(LVI-S200)

大量注入口装置により感度不足に悩まされる必要がなくなります。
大量注入口することで、濃縮の手間を省いて短時間・省力化。
更に、大量注入することで再現性の向上も期待できます。
                              詳細はこちら 

固相ミニカートリッジ(Smart-SPE)

従来の問題点を飛躍的に改善。固相カートリッジの進化系。
連結時の安定性や操作性に優れ、無駄のない分析が可能です。
従来の固相カートリッジにない長所を兼ね備え、短所を克服した全く新しい固相カートリッジです。
                              詳細はこちら

GC-MS定量解析ソフト(COSMO)

多検体多成分クロマト向けの解析ソフト。
複数検体のクロマトを1画面に表示して解析することが可能です。
MSスペクトル比較や定量イオンから確認イオンへの変更も容易で、解析時間の短縮にお役立ていただけます。
                              詳細はこちら  

試薬計量スプーン

分析をもっと楽に。
一定量の試薬の計量に優れた計量スプーンです。
液体サンプルではホールピペットやマイクロピペットを使いますが、
粉末の試薬分取に対してはこの計量スプーンが非常に優れています。
通常ラインナップのほかに、特注にも対応しております。
                              詳細はこちら  

全自動固相抽出装置(ST-L300)

固相抽出操作を完全自動化。
サンプルと試験管を装置にセットするだけで、あとは自動で固相抽出が行われます。
今まで分析者が前処理に掛かっていた時間を、その他の作業に回すことができます。
                              詳細はこちら 

このページの先頭に戻る